Simplism iPhone XR カメラレンズ保護アルミフレーム レビュー

Simplism iPhone XR Lens Bumper
Simplism iPhone XR Lens Bumper Black

iPhoneは裸派だけどレンズは保護したい!

僕は初iPhoneとしてiPhone4を購入して以来、基本的にiPhoneをケースを着けないで使用している。しかし、iPhone6以降悩まされているのがレンズの出っ張りだ。見栄えにこそ慣れてしまったものの、常にカメラが机と接しているのは精神衛生上よろしくない。

過去にはレンズ用フィルムも購入したが、すぐに傷付いたり、剥がれてしまったりでイマイチだった。そんな中、トリニティ Simplismよりレンズ保護用のアルミフレームが出ていたので購入。1ヶ月ほど使用した結果、中々気に入ったのでレビューしたいと思う。

外観

僕が購入したのはiPhone XR用のモデル。素材はアルミで表面の色はバリエーションによって異なっている。ブラック/シルバー/ゴールド/レッドの色展開だが、僕は手持ちのiPhoneと同じブラックを選択した。

装着すると、一見オリジナルのままのようにも感じられるが、レンズ内側のシルバーがアクセントになることで、カメラが強調されて見える。個人的には金属感が増して好きだ。

Simplism iPhone XR [Lens Bumper] カメラレンズ保護アルミフレーム
内側はアルミ地肌が露出した仕上げ。カメラの画質への悪影響を抑えるためだろう。
また、裏面は脱落防止のために粘着ジェルが貼り付けられている。
iPhone XR
iPhone XRに装着した状態。違和感は皆無だと思う。
Simplism iPhone XR [Lens Bumper] カメラレンズ保護アルミフレーム
サイドから見るとバンパーによって、レンズが保護されているのがよく分かる。

使い勝手

一ヶ月使用してみたが、肝心のカメラの画質については取り付け前の状態と変わらないように感じられた。机に置いた際のグラつきは多少大きくなったものの、レンズが机に直接当たらなくなるため僕はあまり気にしていない。

まとめ

以上、サラッとではあるが、Simplism iPhone XR カメラレンズ保護アルミフレームをレビューした。iPhoneの美しい外観を損なわずにカメラが保護できるので裸派やバンパー派のiPhoneユーザーにはおすすめのアイテムだ。